検索
  • KILAFUL

色の三属性と配色イメージ




色の三属性とは

色相・明度・彩度のことを言い、

色を分類するときなどに使います。



また、

配色とは2つ以上の色を組み合わせることで、

あるルールを持って色を組み合わせることで

より調和が取れた配色になります。



そんな配色イメージについて


「どんな色使いをすると

どのようなイメージを与えることができるのか」


ということをご紹介したいと思います。





①色相と関係する配色イメージ


暖色:暖かい・興奮感

寒色:冷たい・沈静感






②明度と関係する配色イメージ


明るい:軽い・柔らかい

暗い:重たい・硬い




明度については、

子供向け(明るい)・大人向け(暗い)といった傾向もあります。





③彩度と関係する配色イメージ


鮮やか:派手な・安い

くすんだ:地味な・高級



同じ“高級”感でも

暗くくすんだカラーは伝統的なイメージ、

明るくくすんだ色は上品・エレガントなイメージと

少しニュアンスが異なります。










もちろん、個々の経験や

国・環境の違い、時代によっても変わってくるものですが

一般的にはこのようなイメージがあるので色選びの際には

ぜひ参考にしてみてくださいね。



また、このお話は色彩検定3級でも出題されるので

検定受験予定の人も覚えておいて損はないですよ!






9回の閲覧

© 2020 byKiLaful Style