検索
  • KILAFUL

Tシャツが似合わない問題。

最終更新: 4月9日


こんにちは!

今日は夏の必須アイテムとも言えるTシャツの着こなしについて

ご紹介したいと思います。

1枚さらりと着るだけでオシャレになるし

着心地も楽チンなTシャツ。

ほぼ全員の人が1枚は持っているのではないでしょうか?

けれども、

この時期に増えるのが

「Tシャツが似合わない…」

というご相談。

その理由については

大きく2つに分けられます。

①体格ががっちりしている

②優美・上品といった魅力を持っている

それぞれ着こなしや選び方のポイントなどを

ご紹介したいと思います。

①体格ががっちりしている

肩幅が広かったり、

胸元に厚みがある方の場合、

こちらのような

“いわゆるベーシックなTシャツ”

は上半身のがっしり感を強めやすい傾向にあります。

(http://zozo.jp)

そんな方におすすめしたいのが

VネックやUネックのTシャツです。

(http://zozo.jp)

首元がゆったりしていることで

上半身のがっしりした印象を緩和することができます。

また、

もう一つ。

肩に縫い目のないデザインをえらぶというのも

ポイントです。

そもそも縫い目のないデザインだったり、

少し落ちた位置に縫い目があったり…

(http://zozo.jp)

特に肩幅がある方におすすめ。

ドルマンスリーブも良いですよ◎

肩に縫い目がないことで

肩のラインがなだらかに見えるので、

すっきりして見えます^^

②優美・上品といった魅力を持っている

もう1つのTシャツが似合わない理由が、

優美・上品といった魅力を持っている場合です。

顔タイプ診断でエレガントあたりになったり、

パーソナルカラー診断ではサマーになる人に多い傾向にあります。

優美・上品な魅力を持っているために

カジュアルな印象のTシャツが似合いにくい、

というタイプです。

このタイプの方がTシャツを選ぶ時には

なるべく柔らかい素材のTシャツを選ぶことと、

淡い色や細い線の丸みのあるロゴやイラストを選ぶ

ということがポイントです◎

例えば

メンズライクで直線的な大きなロゴが入っているTシャツは

不得意アイテムの一つ…

(http://zozo.jp)

ロゴを筆記体にしてみたり、

柔らかい素材にすることで

似合いやすくなりますよ^^

(http://zozo.jp)

これらのポイントを意識して

ぜひこの夏のおしゃれも楽しんでみてくださいね♪


14回の閲覧

© 2020 byKiLaful Style